スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ビンスがトリプルHに解雇通告

RAW オクラホマシティ10月10日

ビンス・マクマホン会長が久しぶりに登場!
娘婿のトリプルHに改めて解雇通告を突きつけて、副社長のジョニー・エースを暫定GMに指名。



選手、スタッフから不信任案を出されて大会をボイコットされていた前COOのトリプルHだが、無人のリングに上がると、対立していたジョン・シナ、シェイマス、CMパンクが登場。(←確か、不信任案に賛成してませんでした)

『誰がボスでも俺はRAWで戦う!』とシナは発言。ほかの2人とともに、トリプルHを擁護し、支援することを誓った。

ここで横やりを入れたのがビンスだ。『息子よ、お前を愛しているが、これ以上のリスクは冒せない。悪いがお前はクビだ。近いうちにWWEは新たなGMを招聘する。それまでは彼が暫定GMだ』と、日本でもおなじみのジョニー・エース副社長を指名した。(←全日本プロレスで四天王プロレスと絡んでましたね)

すったもんだの末、暫定GMは、敵対するパンクと大富豪のデル・リオを組ませ、再雇用したザ・ミズ、Rトゥルースと戦わせるが、納得いかないトリプルHが乱入するわ、デル・リオは途中で帰るわと試合は大荒れ。最後はトリプルHとパンクがミズ組を蹴散らして握手を交わした。

この結果、暫定GMは次回PPV10・23【ヴェンジェンス2011】でトリプルH、パンク組に新たな刺客を送り込むことを宣言した。

関連記事
[ 2011/10/21 00:00 ] WWE ニュース | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。