スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

RVDがアングル撃破し、防衛成功

RVDがアングル撃破


【2冠王RVDがWWEヘビー級王座防衛】
バージニア州ロアノークで6月27日に行われたECW興行で、現在WWE、ECWの2冠王ロブ・ヴァン・ダムがカート・アングルと、WWEヘビー級王座防衛戦を行った。

“レスリングマシン”の異名を持つアングルだが、いまやECW所属。そしてアングル対RVDの戦いは新番組ECWでも屈指の好カードなのだ。

試合は序盤から激しい。雪崩式ブレーンバスター(スーパープレックス)からアングルスラムで攻め込むカートに対し、RVDはカウンターのDDTで逆転。最後はファイブスター・フロッグで見事アングルからフォールを奪い、防衛成功。この快進撃はいつまで続くのか楽しみだ。

試合後は、またまた突っ込んできた男がいる。エッジだ。いつも試合終了後にスピアーをかますが、今回もスピアーでRVDを強襲。次回の挑戦者はエッジ?・・・


スポンサーサイト
[ 2006/06/30 01:37 ] ECW | コメント(0)

TAJIRIもECW凱旋




【今はECWでもWWEの人間ではない】
昨年末にWWEを退団し、今回PPV、ECWワンナイトスタンドに凱旋したタジリ。観客からは『ウェルカム・バック』の大コール!みんなはタジリが好きだ。だって、今回ともに凱旋帰郷した田中将斗とTAJIRIはECWの大スターであり、元ECW王者コンビだから。

PPV、ECWワンナイトスタンドでタジリはスペル・クレイジーと組んでFBIと対戦。スペル・クレイジーがフォールを奪われ勝負には敗れたものの、試合中に公約していた『ハッスル!ハッスル!』を決めてしまった・・・

TAJIRIの話
今夜はハッスルの人間として、WWEでもECWでもない、今の自分を出せたと思います。これからもハッスルのTAJIRIとしてアメリカのリングに上がり続けたいと思っています。


[ 2006/06/21 23:50 ] ECW | コメント(0)

伝説のハードコア団体ECW復活!ワンナイト・スタンド

ECW,RVD

【世界ヘビー級王者ジョン・シナが敗れる!】
ECWワンナイト・スタンドのメインで王者シナがロブ・ヴァン・ダム(RVD)敗れ、王座がECWに流出。ECWのエースRVDの十八番、エクストリーム戦(何でもアリ)で行われ、もちろんWWE王者のシナには罵声が浴びせられた。アウェーのリングだったわけだが、ここまで厳しいとは、さすがのワルの帝王も想像していなかっただろう。

ECW,cena

【得意技STFUでRVDを半失神に追い込む】
RVDがロープに逃れても、シナはSTFUを解かずRVDは半失神・・・レフェリーが制止しようとするが、逆にシナは怒ってレフェリーにラリアート!

ところがその直後、フルフェイスのヘルメットをかぶった男が猛ダッシュでリングに突入すると、強烈なスピアーを食らわす。ヘルメットを取ると・・・なんとエッジ・・・そのままエッジは無言でリングを去っていった。そして、蘇生したRVDはフロッグ・スプラッシュ!気絶したレフェリーに代わってECWプロデューサーのポール・ヘイマンが3カウント入れた。まさかの王座交代・・・

ECW復活PPVで大ECWコールが巻き起こり、その中にはECW移籍のカート・アングルとビッグ・ショーも加わっていた。さらにこの試合で乱入したエッジも、もしかするとECW移籍なのかもしれない・・・

[ 2006/06/16 03:32 ] WWE ニュース | コメント(0)

ECWとは

【ECWとは】


エクストリーム・チャンピオンシップ・レスリングの略。
92年に旗揚げ、01年に崩壊。

90年代中盤に『ハードコア』と呼ばれるメチャメチャスタイルで熱狂的支持を集め、
WWE,WCWに続くアメリカ第3の団体と呼ばれた。

田中将斗は99年12月に日本人初めてのECWヘビー級王者となった。
TAJIRIはECWでスターとなり01年にWWEに引き抜かれた。



[ 2006/06/15 19:03 ] WWE考察 | コメント(0)

タズもECWに移籍を表明

タズもECWに移籍決定スマックダウンのテレビ解説者・タズが、新番組ECWへの移籍を宣言

ECWのプロデューサー、ポール・ヘイマンは着々とメンツをそろえている。スマックダウンの雄・カートアングルを獲得し、さらには世界ヘビー級王者のレイ・ミステリオにまでECW移籍を要請している。これに対しミステリオは、

『ポールには感謝しているが、悪いがここ(SD)に残る』

と断り、ヘイマンと握手をかわして、両者の健闘を誓った。
しかし、ECWのカリスマ・サブーがロウではシナを急襲。翌日にはSDの王者ミステリオを場外のテーブルに寝かせて、リング上からギロチンドロップを敢行するなど大暴れ。誰に指示されたのかは明らかだろう。

[ 2006/06/09 09:19 ] WWE ニュース | コメント(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。