スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ハッスル小川直也のTAJIRI評

【WWEで名を馳せたTAJIRIがハッスルに継続参戦中】

5月にから参戦し始めたTAJIRIの凄さについて、オーちゃんは次のように語る。


TAJIRIは試合運びが凄くうまい。お客さんがドッと湧くツボを本当によく心得ているんだ。WWEで長く活躍していただけあって、彼の実力はダテじゃないよ。彼の試合を見れば、プロレスの奥深さがわかること、請け合いだと思う。






スポンサーサイト
[ 2006/07/19 16:49 ] WWE考察 | コメント(0)

ECWとは

【ECWとは】


エクストリーム・チャンピオンシップ・レスリングの略。
92年に旗揚げ、01年に崩壊。

90年代中盤に『ハードコア』と呼ばれるメチャメチャスタイルで熱狂的支持を集め、
WWE,WCWに続くアメリカ第3の団体と呼ばれた。

田中将斗は99年12月に日本人初めてのECWヘビー級王者となった。
TAJIRIはECWでスターとなり01年にWWEに引き抜かれた。



[ 2006/06/15 19:03 ] WWE考察 | コメント(0)

スマックダウン日本公演2・4注目カード見どころ解説!

スマックダウン!2月4日の対戦カード見どころ解説!

Tag Team Special
カート・アングル&アンダーテイカー 
vs 
ランディ・オートン&マーク・ヘンリー


■注目ポイント!
1月31日(日本で放送)のスマックダウンで世界ヘビー級王者に就いたカートですが、今回タッグを組むのは、なんとアンダーテイカー。これまで共闘したことなんてほとんどないので、このチームワークには要注目です!あと極秘情報(!?)ですが、今回の公演に限り、カートはベビーフェイスみたいなので、そういう方向で試合中は叫ぶべし(笑)。


クリス・ベノワ
vs
JBL with ジリアン


■注目ポイント!
ベノワのクロスフェイス vs JBLのクローズライン、という形が見えるが、JBLにはなんといってもマイクパフォーマンスがありますよね。昨年の公演では、『日本人は嫌いだ。麺しか食わない奴らは最低だ!』と偏見に満ち溢れたコメントをするも、観客は英語があんまりわかってないので、笑ってた人が多かった・・・かな。今回も期待したい(笑)。
また、もう一人注目すべき人は、JBLの広報担当・乙部さん・・・じゃなくて、ジリアン・ホール。31日に放送されたスマックダウンで、“あれ”をブギーマンに食べられちゃいました。リングに近い席を買った人は、ぜひジリアンの左頬に注目ですョ。


crownsタッグ王座戦
シスコス&スペル・クレイジー
vs 
MNM


■注目ポイント!
まずはMNMの入場シーンでしょう。分厚い毛皮のコートに、赤いカーペットにパパラッチ、そしてメリーナの開脚リングイン(笑)。これまで日本で魅せたことはないですから、ズバリ初体験(!)。



[ 2006/02/01 20:20 ] WWE考察 | コメント(1)

JR(ジム・ロス)の注目発言。

ジムロス ふと思い出しました。
 確か1990年代の後半だったと思いますが、
 アメプロについてのドキュメンタリー番組でこんなこと
 言ってました。

 『誰が試合に勝とうが関係ない。
 客が喜べばそれでいい』



この番組内のインタビューは、短い時間で終わりましたが、
このコメントが強烈にボクの頭のなかに刻み込まれました。

ちなみにそのドキュメント番組では、WWEの採用試験のために、ノアにも参戦してた
現プロレスリング・アイアン代表のマイケル・モデストが試合やってました。
まだ髪の毛がふさふさでしたけど(笑)
もちろん決め技のリアリティーチェックやってましたよ。そしたらそれをモニターで見ていたJRが、

『おもしろい技ですね、初めて見ました』
なんてコメントしてました。


[ 2005/12/09 23:33 ] WWE考察 | コメント(0)

エディ、さよなら・・・

残念で仕方ないです。
まだ38歳ですよ・・・


なんで・・・


ステロイドなのかな~と考えてもみましたが、
こんなに急に逝ってしまうなんて、
なんだか納得できません。


ステロイドの常用によって、脳の下垂体に腫瘍が出来てしまうのは
メジャーリーガーのジアンビーに証明されましたが、
いったいどのくらいの量を服用してたんでしょうか?


ステロイドや成長ホルモンを服用すると、筋肉がムキムキになるんじゃなくて、
たんぱく質合成促進&たんぱく質の分解抑制が起きます。
これは実はウエイトトレーニングをすることでも同様の効果を得れますが、
やっぱり楽ですからね、ステロイドや成長ホルモンを服用するほうが。


やっぱりプロレスの世界でも、いわゆるドーピング検査をするべきだし、
何より選手の生命を守ってほしい。


[ 2005/11/15 20:45 ] WWE考察 | コメント(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。